SEARCH BY SYMPTOMS

症状から探す

B型・C型肝炎

  • #性病に関して
  • #痛みに関して
  • #吐き気
  • #色

B型肝炎、C型肝炎ウイルスの感染によって肝機能障害を発症する性感染症です。

感染すると肝炎が慢性化することがあります。放置すると肝硬変や肝がんになる可能性もあります。日本では肝がんを発症する原因の約75%がB型肝炎とC型肝炎のウイルスの感染によるものです。

 

症状

B型肝炎

発熱、倦怠感、黄疸、吐き気、色の濃い尿がみられますが、無症状の場合もあります。

 

C型肝炎

倦怠感、食欲不振、黄疸などがみられます。B型よりも比較的症状は軽いといわれています。

 

原因

血液または体液との直接的な接触により感染します。