MEDICAL CARE

診療案内

不妊相談

初回不妊治療相談は、事前に電話予約をしたうえで御来院下さい。
予約時間は、月・火・木・金曜日の8時45分および13時45分、水曜日の8時45分となります。

治療が必要かどうかは、検査をしなければ判断出来ません。
当院では血液検査から検査を開始します。生理開始1日目〜7日目までにご来院下さい。

不妊とは、生殖年令の男女が妊娠を希望し、1年間避妊すること無く性交渉をおこなっているにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合をいいます。

妊娠に至り妊娠が継続するには

  • 排卵が可能であること
  • 精子を迎え入れる頚管粘液分泌があること
  • 卵管を精子および受精卵が移動可能であること
    →〈卵管因子による不妊〉
  • 受精卵が着床する子宮内膜が肥厚すること
  • 受精卵と子宮内膜の接着が可能であること
    →〈着床因子による不妊〉
  • 妊娠継続に必要な黄体ホルモン分泌が十分なこと
  • 直進運動可能精子が一定数存在すること
    →〈男性因子による不妊〉
  • 本人とパートナーに妊娠に必要な遺伝子異常がないこと

が必要です

 

当院では不妊症の原因を探るために以下の検査を実施します

 

生理が28日前後で来る方

  • 生理開始1日目〜7日目
    排卵に関わるホルモン採血・35歳以上の方は、卵子の在庫確認 のAMHを追加
  • 生理開始8日目〜10日目 子宮卵管造影検査・腹部X線検査
  • 生理開始12日目〜14日目 頚管粘液検査・子宮内膜の厚さ確認・排卵する卵胞の大きさ 確認・子宮頚部がん検診・クラミジア検査

 

※治療は、検査と違いオーダーメードになります。その方に必要な治療介入となります。タイミング法・人工授精・体外受精などの方法がありますが、どの方法にせよ同じ方法で妊娠成立可能なのは、7回までと考えられています。その回数を超える前に次のステップに進むことをお勧め致します。