SEARCH BY SYMPTOMS

症状から探す

更年期障害

  • #ホルモンに関して
  • #イライラ
  • #ホルモンバランスが悪いと言われた
  • #下痢
  • #微熱がでる
  • #気分の落ち込み
  • #立ちくらみ
  • #頭痛
  • #髪が抜ける

無排卵となり、女性ホルモンが低下、脳がそれを感知し、卵巣に排卵を命令するホルモンを上昇させます。

顔のほてり・のぼせ・発汗・動悸・急に暑くなったり、寒くなったり・不安感・焦燥感・イライラ・息切れ・不眠・頭痛・胃腸の調子が悪い・便秘・下痢・無気力・集中力低下が起こります。

症状の出方には個人差があり、つらくて治療が必要な人もいれば、ほとんど感じずに過ごせる人もいます。人によって強く出る症状も異なります。

症状が出始めるのは45〜55歳位、生理の間隔が3週間を切ったり、5週間以上になったり、少量の不正出血が止まらないなどの状況が続いてから起こります。

 

検査

血液検査で判断できます。

 

治療

女性ホルモンが低下して起こる症状なので、治療は、女性ホルモン補充療法が効果的です。女性ホルモンは、女性が健康に生きるために必要なホルモンで、美容効果だけではなく骨粗鬆症・高脂血症・高血圧の改善にも有効です。