NEWS

お知らせ

生殖臓器で亡くなるということ

2021.09.04

“生きていくのに必要な臓器” を “Vital Organ”と云います。

脳・肺・心臓・胃・腸などがこれにあたります。生きていくのに必要な臓器なので障害を受けると直ぐ“死”に至ります。

これに対して生殖臓器は、癌になっても他の臓器に転移し、進行しない限り、死に至るまでの期間は長くなる場合が多くなります。
死に至らなくても生殖機能廃絶は避けられません。

「早く見つけて癌になる前に予防していれば」と日々の診療で感じることは、多々あります。

卵巣腫瘍はおいくつになられてもでき、症状が全くない状態で見つかる場合もあるので、年に1回の超音波を全女性にお勧め致します。

これに対して子宮頚部癌・子宮体部癌は、出血の症状があるので『不正出血』があれば、子宮がん検診受けていただくことが必要となります。
出血が起きてからでは、既に『癌』になっている場合もあるので、出血がなくても『2年に1回の住民検診』を利用して子宮がん検診を受けて下さい。保険医療で受けるより経済的です。

当院では、『前癌状態』『癌』に進行させない目的で『ルミナスCO2レーザーを用いた子宮頚部異形成蒸散術』を実施しております。

話は壮大ですが、『道東地域の子宮頚がん撲滅』を目指しております。

何故、子宮頚部がんはこれからも増加するのか?

子宮頚部がんにならないためには、どうすれば良いのか?

子宮頚部がんの予防は何故、可能なのか?

その背景を説明し、その対策を具体的に記載しております。トップページ、または診療内容から『CO2レーザー』をクリックすると当該ページを閲覧できます。是非、ご一読下さい。

 

《釧路市 産婦人科 くしろレディースクリニック》