産婦人科

当クリニックでは、以下の診療内容を行っております。

ルミナス製CO2レーザー日帰り婦人科手術

ルミナス製CO2レーザー実施目的は、道東地域の子宮頚部がん撲滅にあります。当クリニックでは、子宮頸部異形成治療、尖圭コンジローマ治療、バルトリン腺治療、女性外生殖器治療の4つの治療を行っております。詳しくは以下のボタンからご覧ください。

詳しくはこちら

おりもの・痒み

  • おりもの・痒みの原因の多くは、細菌・カンジダ・トリコモナスです。
  • 顕微鏡または培養検査で原因確認後、腟錠挿入。
  • 腟は『体の中』ではなく、『体の外にある凹んだ空間』なので『腟錠挿入』が、『治療の基本』となります。
  • 腟錠および塗布薬処方し、月経でなければ外来受診翌日から7〜14日間、ご自分で腟錠を挿入・軟膏またはクリーム塗布して戴きます。(腟錠挿入方法は、ご説明致します。)
  • トリコモナス感染の場合は、腟錠挿入終了後に再検査しますが、細菌・カンジダ感染の場合は、症状の改善がない場合のみ再受診としております。

無排卵で不正出血

  • 不正出血の原因の多くは、『排卵出来ないこと』で起こります。
  • 排卵出来ないと、生理を起こす子宮の内側の『子宮内膜』を厚くする女性ホルモンが分泌されず、『薄いまま』が続きます。薄い内膜には、『弱々しい出血しやすい血管』があり、ダラダラ出血が続きます。
  • 治療は、内膜を厚くする女性ホルモンを投与して止血および『本格的な生理』を起こして、子宮の外に内膜を排出させる薬を飲むことになります。
  • 『女性の健康は排卵に通ず』常日頃、想起する『格言』です。

妊娠

  • 妊娠8週程度まで超音波による検診を行います。それ以降はご希望の出産施設にご紹介致します。

一般疾患

  • 月経痛や月経過多月経前症候群(PMS)など月経にかかわる症状
    効果の高い鎮痛剤や低用量のホルモン剤など、症状に適した内服薬や注射薬による治療を行います。
  • 子宮筋腫や子宮内膜症などの良性疾患
    薬剤処方による治療を行います。手術が必要な場合は紹介となります。
  • 更年期障害
    ホルモン補充療法による治療を行います。
  • 生理日変更 [2,000円(税抜)お支払い金額は薬剤費のみ]
    旅行や受験などご都合に合わせて、生理日を変更することができます。

避妊相談

  • ピル [1シート3,000円(税抜) お支払い金額は薬剤費のみ]
    ピルは、ホルモン含有量の低用量化により副作用がほとんどありません。避妊だけではなく、月経周期の安定化や月経に関する諸症状の緩和、子宮体がんや卵巣がん、良性乳房疾患の予防効果もあります。内診をせずに処方することも可能です。
  • IUD [挿入時 30,000円(税抜) 抜去時 20,000円(税抜)]
    IUD子宮内挿入致します。
    ※在庫の確認を致しますので事前にご連絡下さい。
  • 緊急避妊薬(アフターピル) [9,000円(税抜) お支払い金額は薬剤費のみ]
    性交渉後72時間以内に内服をすれば、81%の可能性で避妊可能で、性交渉後120時間以内に内服をすれば、63%の可能性で避妊可能です。

不妊症

不妊症は、「生殖年令の男女が妊娠を希望し、1年間避妊すること無く性交渉をおこなっているにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合を不妊といい、妊娠を希望し医学的治療を必要とする場合」と定義されます。

妊娠には、以下の条件が必要です。

  • 排卵可能
  • 精子を迎え入れる頚管粘液分泌
  • 卵管を精子および受精卵が移動可能(卵管因子)
  • 受精卵が着床する子宮内膜肥厚
  • 受精卵と子宮内膜の接着可能(着床因子)
  • 妊娠継続に必要な黄体ホルモン分泌
  • 直進運動可能精子が一定数存在(男性因子)
  • 本人とパートナーに妊娠に必要な遺伝子異常なし

具体的には、以下の検査が必要です。

  • 生理が28日前後で来る方
    ・生理開始1日目〜7日目 排卵に関わるホルモン採血・35歳以上の方は、卵子の在庫確認のAMHを追加
    ・生理開始8日目〜10日目 子宮卵管造影検査・腹部X線検査
    ・生理開始12日目〜14日目 頚管粘液検査・子宮内膜の厚さ確認・排卵する卵胞の大きさ確認・子宮頚部がん検診・クラミジア検査
    ・生理開始19日目〜21日目 黄体機能検査
    ・パートナーの精液検査
    以上、全て問題なければ、排卵時期で性交渉を持てば妊娠可能なので『妊娠するのを待って』も良いでしょう。
  • 生理不順の方は、排卵出来ないので『排卵する方法』を見つけなければなりません。更に『追加の検査』が必要となります。排卵出来る様になれば『妊娠するのを待つ』ことが可能となります。
  • 治療が必要かどうかは、検査をしなければ判断出来ません。まず『生理開始1日目〜7日目』の期間でご来院下さい。

※治療は、検査と違いオーダーメードになります。その方に必要な治療介入となります。タイミング法・人工授精・体外受精などの方法がありますが、どの方法にせよ同じ方法で妊娠成立可能なのは、7回までと考えられています。その回数を超える前に次のステップに進むことをお勧め致します。

不育症

不育症の原因には以下があります。

  • 血液凝固能異常(毛細血管血液が凝固しやすい)
  • 自己免疫疾患(本人自身を攻撃する抗体の存在)
  • 本人およびパートナーの遺伝子異常(染色体検査・特異的異常)

血液検査で確認します。

プラセンタ治療

プラセンタとは『胎盤』のことで、ビタミン・ミネラル・アミノ酸を豊富に含んでいます。プラセンタ注射で新陳代謝を活性化、若々しさを保つ効果が期待できます。『保険診療プラセンタ治療』と美容効果などアンチエンジングのための『自費診療プラセンタ治療』を実施しております。更年期障害の場合、年齢45歳~60歳の女性の方は保険適応となりご本人の負担は、1回、500円程度となります。保健適応は、①45~60歳までの更年期障害の方は週2回(1アンプル/回)②産後乳汁分泌不全の方は週1回(1アンプル/回)となります。
※それ以外の方、または美容・健康の維持などの治療は自費診療となり、初回、2,000円(税抜)、2回目以降、1,000円(税抜)となります。

人工妊娠中絶

やむを得ない事情で妊娠を継続することができない場合はご相談ください。安全で痛みの少ない手術、その後の避妊指導もしております。中絶方法には、従来からの『搔爬法』とWHO(世界保健機構)が推奨する“よりお身体への負担が少ない“『MVA・手動吸引法』を採用しております。妊娠週数により異なりますが、中絶手術費用は80,000円(税抜)~となっております。手術後の経過に問題なければお昼にご帰宅可能です。

思春期外来・未婚女性外来

内診をせずに生理不順・性器出血などの診断および治療を実施致します。