お知らせ

月経困難症(生理痛が強い)

月経の開始に伴い下腹部・腰痛と共に頭痛・悪心・嘔吐などの症状を伴い、月経終了後に症状が消失または軽減するものを月経困難症といいます。生理痛とほぼ同じ意味で使用されています。月経困難症は、その原因により以下の2つの病態に分類されます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
❶機能性月経困難症
 月経時に子宮内膜で産生されるプロスタグランジンが、子宮筋を収縮させ腹痛がおきます。また全身に作用して頭痛・嘔気・嘔吐・下痢などの原因になります。
❷器質性月経困難症
 病気が原因となって引き起こされるもので、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮や卵巣の炎症・子宮後屈症・子宮奇形などが原因となります。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
診察・検査
 月経の時、月経痛の他に頭痛、吐気、嘔吐、下痢などの症状が強いときには、我慢しないで受診してください。超音波検査をおこない、子宮・卵巣に子宮筋腫、子宮内膜症などの病気がないかを調べます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
治療
 ❶まず痛みに対しては、鎮痛剤・鎮痙剤などを処方します。
 ❷低容量のピルも有効です。ピルを服用することで、排卵や子宮内膜が厚くなることを抑えることができ、その結果、痛みの物質(プロスタグランジン)を抑え、月経痛や腰痛などの症状を改善します。
 ❸子宮筋腫、子宮内膜症などの病気がある場合は、その疾患の治療を行います。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         《釧路市 産婦人科 くしろレディースクリニック》