お知らせ

新型コロナウイルス感染症ワクチンについて

新型コロナウイルス感染症ワクチンについて
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 日本産科婦人科学会は、「COVID-19ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ」と題した文書を発表しました。
 現時点で妊婦に対する新型コロナウイルス感染症ワクチンの安全性、特に中長期的な副反応、胎児や出生児への安全性は確立していないが、「流行拡大の現状を踏まえて、妊婦をワクチン接種対象から除外することはしない」としています。
 妊婦が摂取する場合について、「妊婦に安全性について十分に説明を」「妊娠12週までは、ワクチン接種を避ける」「母児管理のできる産婦人科施設等で接種を受け、なるべく接種前と後にエコー検査などで胎児心拍を確認する」ことなどを提言しています。
 これから妊娠を希望する女性に対しては、「可能であれば妊娠する前に接種を受けるように」と示しています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         《釧路市 産婦人科 くしろレディースクリニック》