がん検診とは?

当院で扱うがん検診には、子宮頚部がん検診、子宮体部がん検診、卵巣がん検診があります。

子宮頚部がん検診

このがんを発症する年齢は30代~40代に多く、最近では、20代での患者の増加がみられます。原因はヒト・パピローマウイルス感染でワクチン投与の有効性も確認されています。

子宮体部がん検診

このがんを発症する年齢は50代~60代に多く、閉経後こそ検診が必要となります。不正出血がある場合、月経のある年齢でも発症する可能性があります。

卵巣がん検診

女性であれば、年齢を問わず発症します。早期発見には超音波検査が必須となります。

以上のことから必要な検診は、年齢・症状に応じて変わってきます。

I)40歳未満の方

a)不正出血のない場合
子宮頚部がん検診+超音波検査
b)不正出血のある場合
子宮頚部がん検診+子宮体部がん検診+超音波検査

II)40歳以上の方

子宮頚部がん検診+子宮体部がん検診+超音波検査
人間ドックでなどで『子宮頚部がん検診のみ』実施している場合は、婦人科で追加の検診を受けることを御勧め致します。
ページトップへもどる
Copyright (C) KUSHIRO LADIES CLINIC All Rights Reserved.